安全に施術を受けよう

美容皮膚科で受けることができるアートメイクについて、興味があり、ぜひ受けてみたいと思われた方は、その選び方に注意しなければいけません。アートメイクは医療行為としてみなされており、医師免許を持つ有資格者のみが施術を行うことができるものです。主に眉やアイラインが人気のパーツになりますが、トラブルを防ぐ為にも、そのことをきちんと把握し、アートメイク選びをするようにしましょう。安いからと言って、医師が不在のサロンや、十分な説明を行わないといったアートメイク選びをすると、後にこんなはずではなかったと後悔する危険性もありますので、安全に施術を受けることができるように、事前リサーチはしっかりと行ってください。

美容皮膚科でのアートメイクをすることで、素顔のままでも気楽に生活できますし、汗をかいたり、化粧崩れの心配をする必要がなくなります。毎日の化粧の時間も格段に短くなりますので、快適さを手に入れることができます。このように、アートメイクには大きなメリットがありますので、ぜひ体感されることをお勧めします。それにはまず、アートメイクは安全面が第一であるということを念頭におき、どういう施術であるかを理解しておきましょう。

《参考HP》https://www.shirono.net/operation/artmake/medicalartmake
アートメイクができる“美容皮膚科SHIRONO LASER CLINIC”です。

アートメイクとは何か

美容皮膚科でできるアートメイクとは、専用のニードルを用いて色素を皮膚に入れて定着させる施術を指します。タトゥーと似ていますが、実際には異なりますので、その特徴を理解しておきましょう。まず、タトゥーは麻酔を使用しない為、痛みに耐える必要がありますが、アートメイクの場合は麻酔クリームを用いることができます。人により麻酔の効き目は異なりますので、痛みを感じ方に差はありますが、不安のある方も、その点は安心して施術を受けることができます。そして大きく異なる点とは、タトゥーは一生色が落ちませんが、アートメイクは数年で色が薄くなるという点が挙げられます。

何故そのような差が生じるというと、その施術する皮膚の深さに違いがある為です。タトゥーの施術で色素を入れる場合、皮膚の深い層である真皮に針を入れ、まさしく彫るように色素を入れますので、一生色が落ちることがありません。一方で、アートメイクの場合には、皮膚の表面である表皮という浅い層に針を入れ、色素を入れます。つまり、皮膚が新陳代謝を繰り返せば、角質となって剥がれ落ちていく為、色素も時間がたてば抜けてしまいますので、徐々に薄くなっていきます。この違いについて理解しておきましょう。

美容皮膚科での施術

美容皮膚科を利用される方が増えています。一般的な皮膚科とどう異なるのか分かりにくいかもしれませんが、病気や怪我による治療ではなく、見た目やこうありたいという希望を聞いた上で、医師が施術プランを提案するという治療になります。美容クリニックと呼ばれることもあり、その呼び名は様々ですが、あくまで医療機関であり、医療行為として施術を行いますので、医師免許を持つ医師が対応する為、安全性の高い施術を受けることが可能です。

美容皮膚科でできる施術は様々ですが、その種類は大きく分けると、一重まぶたを二重にしたり、鼻を高くしたり、あごを削って輪郭を整えたりするような、メスを使う手術での治療、しわやしみ、たるみ、アンチエイジング、肌荒れ改善の為の、メスは使わずレーザー機器や注射を使う治療、または、ホルモン等の薬を飲むことで治療する、内服薬を使う治療があります。

レーザー脱毛やボトックス注射等の名前は、最近は人気もある為に認知されつつありますが、その他にも、アートメイクという施術も近年需要が高まっています。アートメイクという名前を耳にしたことはあるかもしれませんが、身近に体験されたという方はそれ程多くないかもしれません。実際、美容皮膚科で行われるアートメイクがどのような施術かご存知でしょうか。アートメイクは大変便利でお勧めの施術ですので、ここではアートメイクについて特徴や施術方法等について説明をしたいと思います。